CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第169回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)人は、どうして戦うのか? | Main | しもかわ読書会1月例会の報告(9)合意形成の問題点»
最新コメント
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
彼の行為に対して、あなたの心は怒りで満たされる。 [2020年01月28日(Tue)]
(717)
 さて、話を少し前へ進めましょう。
 その重武装の男は、あなたの財産を盗みました。彼の行動について考えているうちに、あなたの心は怒りでいっぱいになってしまいました。



 「暴力に訴えてでも、インドはイギリスからの独立を勝ち取るべきだ」と主張する若い読者は、「自分の家に泥棒が侵入したら、どんな方法で彼を追い出すべきかなど問題ではない。大事なのは、とにかく泥棒を追い出すことだ」というたとえを用いて自説を正当化します(679)
 ところがガンディーは、「相手が違えば、その泥棒を追い出すための適切な方法も異なる」と反論し、そこから、「あなたの義務は決して任意の手段を用いてとにかく泥棒を追い出すことではない」という結論を導きます。
 しかし、決して話はこれで終わりではないのです。若者の提示したたとえ話から、ガンディーは別の方向に議論を進めようとしているようです。
 この後の展開は、果たして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント