CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第68回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) | Main | 今週の予定»
泥棒を追い出すためにはどんな手段でも利用できるわけではない。 [2020年01月26日(Sun)]
(715)
 当分の間は、あなたのご想像にお任せすることにします。もしもそんなことは考えられないとおっしゃるのなら、あなたはそれぞれの場合に応じて違った手段を選ばなければなりません。そして、泥棒を追い出すためにはどんな手段でも利用できるわけではないということもあなたは理解できるでしょう。



 「自分の家に泥棒が侵入したら、どんな方法で彼を追い出すべきかなど問題ではない。大事なのは、とにかく泥棒を追い出すことだ」と主張する若者に対し、ガンディーは、「相手が違えば、対処法も異なる」と反論します。
 しかし、ガンディーの意見は決して「泥棒がどんな人間なのかに応じた適切な方法によって、その泥棒を追い出すべきだ」ということではなく、「これらすべての場合においてなすべきことははっきりしている」ということなのでした。つまり、「自分の家に泥棒が侵入した場合には、それがどんな人間であろうと、なすべき一般的な対処法がある」とガンディーは考えているそうです。
 しかし、「私が考えるその対処法を提示したら、多分あなたは驚愕してしまうでしょう(714)」という理由でそれを直ちに明らかにはせず、「あなたのご想像にお任せします」とガンディーは言うのです。ただし、「当分の間は」と言っているので、いずれ時期が来れば説明してくれるのだとは思いますが。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント