CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«毒草を植えてバラの花を得ようとするようなものだ。 | Main | 第167回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)地上絵は何のために?»
しもかわ読書会12月例会の報告(5)天、共に在り。 [2019年12月31日(Tue)]
 「しもかわ読書会」12例会の報告の続きです。
 今回取り上げた本の3冊目は、中村哲「天、共に在り(アフガニスタン三十年の闘い)」です。30年とあるように、21世紀に入ってからの活動も含めて書かれています。
 これは、名寄市立図書館から借りて来ました。

 ●さらに深刻化するアフガニスタンの干ばつ。
 ●山の雪が減ってしまう。
 ●水がなければ、農業はできない。
 ●局地的な豪雨による水害もある。
 ●恐るべし、気候変動。

 そして、さらに・・・

                     (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント