CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会11月例会の報告(1)「パパラギ」に続いて・・・ | Main | 今週の予定»
最新コメント
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
労働者階級の人々は依然として不幸なままです。 [2019年11月17日(Sun)]
(645)
 その国の労働者階級の人々は依然として不幸なままです。
 だから、彼らはやたらに人を殺したり、反乱を起こそうとします。彼らの間では、暴動はいつ始まってもおかしくないのです。
 
 

 「イタリア王国ができても、イタリア国民は自由になっていない(643)」という話の続きです。
 イタリア統一戦争の結果としてサルデーニャのヴィットリオ=エマヌエレ2世を国王とするイタリア王国ができたとしても、それは決して「イタリア国民が自治を獲得した、自由になった、幸福になったということではない」とガンディーは指摘するのです。
 実際、イタリアの一般庶民の暮らしは少しも改善されなかったようです。イタリア王国の成立は1861年ですが、その頃はヨーロッパで資本主義の矛盾が深刻になり、労働者運動が非常に盛んになっていた時代でした。ちなみに、カール=マルクスの「資本論」第1部が刊行されたのは1867年だそうです。
 イタリアの労働者の状況も、かなりひどかったのでしょうね。マッツィーニも、「人間の義務について」という著書(633)の中で「みんなが労働者を抑圧し、人間に属す権利がことごとく履行を妨害されている」「不幸という不幸は労働者階級のためにある」と書いています。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント