CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第58回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) | Main | しもかわ読書会9月例会の報告(7)嫌韓について»
最新コメント
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
力ずくでもイギリス人を追い出さなければならない。 [2019年10月24日(Thu)]
(621)
<読者>
 この話にはとてもついて行けません。我々は力ずくでもイギリス人を追い出さなければいけません。そのことに疑問の余地はほとんどないと思います。



 「我々インド人が自分の国の社会をきちんと保っておけば(特にインドの精神文明を正しく保持していれば)、そこに入って来た外来者は「インドの文化に従うか」「インドから出て行く」かのいずれかを選ぶことになるだろう。だから、いずれにしてもイギリス人を排除しようとする必要はない」とガンディー(編集長)は言います(616)が、「でも、歴史の中でそんなことは起こっていないじゃありませんか」と若い読者は反論します。これに対してガンディーは、「そんなことはない。インドには計り知れない可能性がある」と説いたのですが、やっぱり若い読者の考えは変えられません。
 逆に、ガンディーの話に刺激されたのか、彼はますます過激なことを言い始めます。何と、武力によるイギリス人の排除を主張しだすのです。「イギリス人はインドから出て行ってほしい」という発言は以前からしていました(105)が、ここでは「力ずく」とさえ彼は言っています。
 さらに、若者は・・・

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント