CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会9月例会の報告(6)オリンピックと戦争。 | Main | 第163回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)ビッケの国籍は?»
最新コメント
最新記事
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
この国には計り知れない力があります。 [2019年10月23日(Wed)]
(620)
 国によって事情はそれぞれ違います。それに、インドが持っている性質は非常に他と異なっています。この国には、実に計り知れない力があるのです。
 だから、私たちの国の可能性を考える際に他の国々の過去の歴史を参照する必要はないのです。
 どうか、既に私がお示しした事実を思い出してください。多くの文明が滅び去っていく中で、我がインドは度重なる試練に耐えて今日まで存続してきたのです。



 「我々インド人が自分の国の社会をきちんと保っておけば(特にインドの精神文明を正しく保持していれば)、そこに入って来た外来者は「インドの文化に従うか」「インドから出て行く」かのいずれかを選ぶことになるだろう」というガンディー(編集長)の主張(616)に対して、若い読者は「でも、歴史の中でそんなことは起こっていないじゃありませんか」と反論します。そこで、ガンディーは上のように語るのです。
 「インドは他に例を見ない独自のもので、非常に大きな力を持っている。それは、軍事的な力や政治的な力ではなく、精神的な力である」。このことは、ガンディーが繰り返し述べていたことです。
 「多くの文明が滅び去っていく中で、我がインドの文明は今日まで存続してきた」というのは、(554)などで言及されていましたね。
 これを聞いて、若い読者は・・・

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント