CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第55回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) | Main | 第55回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6)»
最新コメント
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
隷属状態に陥っているのは、西洋文明に影響された人々だけ。 [2019年10月07日(Mon)]
(604)
 しかも、その危機はインド全体に及んでいるわけではありません。現在隷属状態に陥っているのは、西洋文明に影響された人々だけなのです。



 「インドの文明は最善だとあなたは言っているが、それならどうして最善の文明を持ったインドが、それより劣った国に支配されるのか?」という若い読者の質問(601)に対するガンディーの答えの続きです。
 質問した若者は、恐らく当時のインドがイギリスの植民地になっていたことを問題にしているのです。そういう意味では、インド全体がイギリスの支配下に置かれていることになります。
 しかし、ガンディーにとってはそうではないのです。彼にとって重要なのは、法的な支配下に置かれていることや軍事的に威圧されていることではないのです。
 (212)では、「かつて人々は力ずくで奴隷にされていたが、現代では金銭と金銭で買える享楽への誘惑が彼らを奴隷にしている」と言っていましたね。
 だから、彼の考えによれば、「インドを隷属状態に陥らせているものは、イギリスではなく現代文明なのだ」(280)ということになるのです。
 さらに、ガンディーは・・・
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント