CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第55回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1) | Main | 9月29日臨時サロンの報告(3)地域活性化と言われれば・・・»
最新コメント
最新記事
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
病気の原因を取り除けば、結果として病気そのものも取り除かれる。 [2019年10月03日(Thu)]
(600)
 「病気の原因を取り除けば、結果として病気そのものも取り除かれる」
 これは、世界中で知られている格言です。
 それと同じように、インドを隷属状態に陥らせている原因が取り除かれれば、インドはきっと自由を得ることができるでしょう。


 
 「どうすればインドは自由を獲得できるのか?(597)」という問いに対して、ガンディーはまたいつものように比喩を使って答えます。
 「病気によって引き起こされる症状ではなく、病気の原因に目を向けよ。そうしなければ、正しい病気の治療を行うことはできない」という趣旨のことは、これまでにも何度か述べられていました。(250)では、「病気の原因を探ろうとする人こそが本当の医者です」と言っていましたね。
 つまり彼は、「インドが現在の隷属状態から脱して自由を得るために必要なのは、植民地支配を行っているイギリスと戦い、これを打ち破ることではない。そうではなくて、インドを隷属状態に陥らせている内なる原因を正しく理解し、それを改めることなのだ」ということを示唆しているのです。
 これに対して、若い読者は・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント