CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第161回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)東西教会の大論争。 | Main | 第54回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5)»
西洋文明は人々の間に不道徳を広げる。 [2019年09月28日(Sat)]
(595)
 インド文明は人間の道徳的性質を高めようとします。しかし、西洋の文明は人々の間に不道徳を広げるように働くのです。
 なぜなら、インドの文明は神への信仰に基づいていますが、西洋の文明は神を否定しているからです。



 「インドの文明にも多くの欠点が存在している(591)」ことを認めるガンディーですが、それでも、「インドの文明は本質的に善であり、ヨーロッパの文明は悪である」という見解は微動だにしません。
 それはなぜかと言うと、「インドの文明は神への信仰に基づいているが、西洋の文明は神を否定しているから」なのだそうです。
 「しかし、ヨーロッパの文明はキリスト教に根差しているのではないか? 神を否定しているとは言えないのではないか?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、ガンディーによれば、20世紀初頭のヨーロッパでは宗教はほとんど形骸化していて、人々が宗教的に振る舞うのもうわべだけだと言うのです。(219)
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント