CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第54回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(4) | Main | 第161回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(5)東西教会の大論争。»
完全無欠の社会はこの世のどこにも存在しない。 [2019年09月27日(Fri)]
(594)
 世界中のどこであっても、またどんな文明の下でも、すべての人が完全に理想通りの生き方をしているというようなことは決してありません。


 
 「今あなたが挙げたような欠点は確かにインドに存在しています(591)」と認めたガンディーですが、そのことについては上のように弁明しています。しかし、それはまあ至極当然です。完全無欠、まさに理想通りの社会などというものがこの世に存在しないのは言うまでもありません。
 しかし、そうであれば、ヨーロッパの文明についても同様に欠点があるのは当然で、ガンディーがヨーロッパ文明の悪い点ばかりを強調するのはいささか厳し過ぎるのではないかという気もするのですが・・・。
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント