CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第52回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(5) | Main | 第52回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(6)»
最新コメント
最新記事
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
彼らはまさに「自治」を獲得していた。 [2019年09月09日(Mon)]
(580)
 一般の人々は、何にも頼らずに自立して暮らしていました。彼らは自分に与えられた仕事として農業に従事していました。
 まさに、彼らは「自治」を獲得していたのです。



 文明についてのガンディーの話の続きです。
 ここで述べられているのは、伝統的な暮らしを続けてきたインド民衆のことです。弁護士や医者が依存的・寄生的・搾取的な職業であるのに対して、農業者は自立的な暮らしを営んできたとガンディーは言うのです。そして、そのような自立的な生活のことを「自治」とも呼んでいます。
 実は、この自治(home rule)こそがこの本の大きなテーマだったのです。(1)しかも、「自治についての本質的な議論はこれからなされるであろう」という予告も以前にされていたのでした(238)
 この時代、インドはイギリスによる植民地支配を受けていましたから、この若い読者も、また多くのインド人も、「インドの自治とは、この国からイギリスを追い払って自分たちの政府を作ることだ」と考えていました。
 ところが、ガンディーにとってはそうではありません。自治とは、すなわち自立した生活なのです。他者に依存しない、ほぼ自給自足の暮らしです。まさに、安藤昌益の「直耕(ちょっこう)」と同様の思想であると言えるでしょう。
 さらに、ガンディーは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント