CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第1回ナスケンゼミ(仮称)の報告(7)契約と主体性。 | Main | 第154回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)インドの仏教は・・・。»
最新コメント
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
弁護士は家族崩壊をもたらす。 [2019年06月15日(Sat)]
(498)
 弁護士と関わることによって家族が崩壊してしまった例もあります。弁護士は、兄弟を敵同士に変えてしまったのです。
 


 ガンディーの弁護士批判はさらに続きます。よほど、彼から見た同時代の弁護士たちの振る舞いが人道に反するものだと思えたのでしょうね。
 「弁護士は家族崩壊をもたらす」というのは、恐らく家族間のトラブルに弁護士が介入した結果(もしかすると、争っている双方がそれぞれ自分に有利な解決に導こうと別々の弁護士に依頼したのかもしれません)、争いがますます激しくなってしまったということでしょう。(486) で彼が言っているように「弁護士は、依頼主がけんかに勝てる方法を見つけ出そうと努力する」というのが本当なら、それは十分にありうることだと思います。
 そうして、「弁護士は兄弟を敵同士に変えてしまう」とガンディーは強く批判するのです。
 さらに・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント