CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«弁護士が国民会議に対していくらかの貢献をしているというのは事実。 | Main | 第39回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(1)»
最新コメント
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
第1回ナスケンゼミ(仮称)の報告(1)スウェーデンの中学教科書。 [2019年05月30日(Thu)]
 昨日は、西町キャンパスで新しいゼミ(仮称・ナスケンゼミ)を開催しました。
 まず、スウェーデンの中学教科書が紹介されて・・・
 
●タイトルは「あなた自身の社会」。
●日本語の本ではこういう2人称のタイトルはあんまりないね。
●「私たちの〜」はよくあるけど。
●メッセージを送る側、受け取る側の主体が明確に意識される。
●これって、社会科かなあ? 日本の中学社会科だったら、公民だろうね。
●高校の現代社会に近い感じ。
●スウェーデンの教科書って、もちろん検定制度じゃないよね。

 そして・・・
                     (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント