CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第20回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(3) | Main | 12月定例学問会の報告(11)自己肯定感を高めるためには?»
最新コメント
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
インドを貧しくした元凶は・・・? [2018年12月22日(Sat)]
(326)
<編集長>
 鉄道、弁護士、そして医者。
 それらがインドをこのように貧しくしてしまった元凶なのです。早く気付かなければ、手遅れになってしまいます。私たちはそれらのために破滅させられてしまうでしょう。



 「インドを貧しくした原因、有益と思われているが実は大いに有害なものとは果たして何でしょうか?」という若い読者の問いに、ガンディー(編集長)は上のように回答します。
 最初に挙げられていた「鉄道」はこの章のタイトルになっていましたが、後の2つ、「弁護士」と「医者」というのは意外だったのではないでしょうか?
 「鉄道」にしても、決して貧困の原因になっているとは一般に考えられないと思います。むしろ、「鉄道がない・あっても本数が少ない・優等列車が停車しない」「法律の専門家・弁護士がいない」「病院がない・あっても医師が少ない・規模が小さい」というようなことはまさに貧困の象徴であり、これらの問題は地域の貧困をさらに深刻化させるものだと認識されている場合が多いでしょう。
 ところが、ガンディーはそうした世間の常識とはまったく正反対の見解を示すのです。
 これに対して、若い読者は・・・
                         (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント