CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第137回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)全国を股に掛けて | Main | 第12回「小・中学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(8)»
最新コメント
最新記事
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
イギリス人がインドを支配し続けていられる理由は・・・。 [2018年10月16日(Tue)]
(259)
<編集長>
 イギリス人がインドを支配し続けていられるのは、彼らがインドを手に入れたのとまったく同じ理由です。



 「インドはどのようにしてイギリスの植民地になってしまったのか?」という話の後、「では、イギリスが今もインドを支配している理由は何か?」と若者は尋ねます。
 「イギリスによるインドの植民地化」は、過去の問題、歴史的領域に属します。しかし、「イギリスがインドに対する植民地支配を継続できている理由」というのは(当時としては)現在の問題です。だから、その理由が明らかになれば、イギリスの植民地支配を終了させる方策もそこから自ずと導き出されて来るはずなのです。
 この若い読者の問いに対して、編集長(ガンディー)は上のように答えます。イギリスがインドを獲得できた理由とは、彼の考えによれば、「イギリスがインドを獲得したのではなく、インド人がイギリスにインドを与えたのだ(240)」ということになります。
 それと同様に、「イギリス人がインドを支配し続けているのも、イギリス人の力がインド人に勝っているから、自分の意志を相手に押し付けてインドに居座っているのではない。そうではなくて、インド人がイギリス人を引き留めているのだ」とガンディーは言うのです。
 さらに、彼は続けて・・・

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント