CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第7回「小学生の疑問に答えないけど一緒に考えるゼミ」の報告(7) | Main | みんな近寄って行ってしばらく眺めては・・・»
最新コメント
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
第41回教育学ゼミの報告(1)忙しさと仕事 [2017年11月24日(Fri)]
報告が遅くなってしまいましたが一昨日、教育学ゼミを開催しました。
薪ストーブを囲んでコーヒーを飲みながら、主に、テストや提出物に追われる子供たちについて話しました。

●勉強を嫌いにさせたらダメ。
▼…という気がする。
▼今の中学生が大人になったら?
ーその時の社会はどうなっている?
ー言われたことをこなし、追われる大人になる?
▼「提出物が多すぎて、やりたい勉強ができない」

●テクノロジーの発達と忙しさ。
▼メール、携帯、テレビ電話、クラウドなどの発達。
▼かえって非効率だと思うけれど…。
ー入力、検索の時間が余計にかかる。
ー脳内で記憶を検索できなくなっている?
▼便利な面もあるし、使いたい人が使えば良い。
ー口頭で確認するよりメールの方が記録に残しやすい、とか。

●「忙しい」と「仕事している」は違う。
▼物理でいう「仕事」は、物体が動いた距離が関係する。
ー物が動かなければ、仕事をしていないことになる。
ー結果がすべて、みたいな感じ?
▼忙しいと、仕事の結果を振り返る余力がない。
ー自分の仕事の意味を考えられなくなってしまうのでは?
ー業務上のやり取りを脳内で把握できないくらいだから…。
ーコンピュータ上の記録を把握と言って良いのか?

(つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント