• もっと見る
«燃えている火の間近に来た時、ぼくたちの熱情はかえって冷まされてしまった。 | Main | ぼくたちは、蛙が棲んでいる池をそこに投げ入れる意気込みだった。»
しもかわ読書会10月例会の報告(3)正直者は馬鹿を見る。 [2015年10月31日(Sat)]
 「しもかわ読書会」10月例会の報告の続きです。
 
 ●「良いことをすれば、良い報いがある」というのは本当か?
 ●「正しい人は必ず幸せになれる」のか?
 ●でも、悪が栄えることもある。
 ●理想を求めて苦悩し、傷付く人もいる。
  
 しかし・・・
                       (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント