• もっと見る
«第64回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)チュン姉妹。 | Main | しもかわ読書会3月例会の報告(8)戦争体験を伝える難しさ。»
独立型太陽光発電のすすめ(50)独立型太陽光発電で生活コスト削減。 [2015年03月29日(Sun)]
 ぼくの場合は、去年の1月まで北海道電力の電気を使っていましたが、1か月の電気使用量は0〜3KWh位、電気代は月700円程度でした。
 で、2月から独立型太陽光発電を始めたのですが、2月3月と北電の電気はまったく使わずに済みました。というわけで、去年の3月末で北電との契約を解除したのです。

 ちょうど1年経ったので、
 700円×12月=8400円
 の電気代が節約できたことになります。

 2年やれば2倍、3年やれば3倍です。

 ぼくの場合は最初は50Wパネルとチャージコントローラーだけを買ったので、(バッテリーはもらいました。インバーターは自転車発電のセットに入っていたものを使いました)投資額は約1万円、つまり1年で元が取れたことになります。もう少し投資をしたとしても、数年で回収できる計算です。

 しかし・・・
                     (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント