• もっと見る
«貨物自動車の費用。 | Main | 第244回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)善光寺。»
自動車の方が有利になるのは・・・。 [2024年07月10日(Wed)]
(1145)
 去勢牛が引く荷車は、1日のうちに村から約半マイル離れた畑まで7〜8杯分の肥料を運ぶことができます。これに掛かる費用は、1ルピー6アンナに加えて、荷物の出し入れを手伝う人夫の賃金6アンナだけです。もしも貨物自動車を使ってこの仕事をするとしたら、これより費用が安くなることは決してないでしょう。
 貨物自動車の方が有利になるのは、舗装された道路上で長い距離を一気に運ばなければならない時、去勢牛が引く荷車では時間が掛かり過ぎて不経済に思える場合だけです。
 ・・・



 村の輸送についてのガンディーの話の続きです。
 (1143)で、「去勢牛の引く荷車は、16ベンガルモーンドの荷を載せて1日に15マイル進むことができる」「その費用は1ルピー6アンナである」と述べられていました。半マイルを7〜8往復すれば約15マイルになるので、この場合も同じくらいの費用が掛かるということでしょう。ただし、荷物の出し入れを手伝う人夫の賃金も必要になるそうです。しかし、これは6アンナしか掛からないということです。
 いずれにしても、自動車を使うよりはずっと安い費用です。もちろん、スピードを考えれば自動車の方がずっと速いのは明らかです。だから、自動車を使う方が合理的だと言えるのは、舗装された道路を利用できる長距離輸送で、しかも急ぐ必要がある場合に限るという結論になるのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント