• もっと見る
«第243回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)迫害にも負けず。 | Main | しもかわ読書会6月例会の報告(1)渋沢栄一»
外科医でさえできないような手際の良さで・・・。 [2024年06月22日(Sat)]
(1127)
 動物の死体を運んで来た後は、その皮を剝ぎます。
 村の皮なめし屋は、村で作られたナイフを使って上手に手際良くこの仕事をします。私が聞いた所によると、こんなことはほかの誰にも、外科医でさえも、できないそうです。
 村の皮なめし屋の仕事に関してどんな改良の余地があるのかと私は知っていそうな人たちに尋ねてみたことがありますが、それに答えられる人は誰もいませんでした。
 とは言っても、必ずしも村の皮なめしが最善だというわけではありません。私はただ、限られた経験によって自分の知り得たことを読者にお伝えしようとしただけです。
 ・・・
 


 皮なめしについてのガンディーの話(1126)の続きです。
 動物の皮を剥ぐということに関して、村の皮なめし屋は非常に優れた技術を持っていたそうです。外科医でも及ばないというくらいですから、本当にすごいのだと思います。
 このように、村の皮なめし屋が持っている技能や知識をガンディーはとても高く評価しています。決してそれを絶対視したり、そっくりそのまま保持しなければならないと主張したりはしませんが、少なくとも尊敬の念を持って謙虚に学ぶ姿勢が必要だと言っているのです。(1121)
 ただ、当時の皮なめしのやり方について彼が改善の必要性を感じていなかったわけではありません。
 それは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント