• もっと見る
«しもかわ読書会5月例会の報告(5)居場所、つながり、自治。 | Main | 第243回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)法然と日蓮。»
できるだけ自然な状態のまま食べた方が良い。 [2024年06月11日(Tue)]
(1116)
 ヤシ糖から糖蜜を分離すれば、精製糖を作ることができます。しかし、精製糖よりもヤシ糖の方が遥かに有益です。
 ヤシ糖に含まれる塩分は、精製の過程で失われてしまいます。ちょうど、精白した小麦粉や白米が果皮を取り去ることで栄養的価値を減らしてしまうのと同じように、精製糖もヤシ糖の持っている栄養的価値のいくらかを失ってしまうのです。
 要するに、どんな食品でも、できる限り自然な状態のまま食べた方が栄養は豊かなのだと言っても良いかもしれません。

              (「Key to Health」1960)
 


 ヤシの樹液とヤシ糖についての話の続きです。
 ヤシの樹液は糖分を含んでいるので、それを発酵させればお酒を作ることができますが、「酒ではなく、砂糖を作るべきだ」とガンディーは言っています。(1115)
 砂糖には、ショ糖分だけを分離した分蜜糖とミネラルなどを含んだ糖蜜を分離しない含蜜糖がありますが、精製しない含蜜糖の方が栄養的に優れていると彼は断言します。ここでは「塩(salt)」と書かれていますが、もっと広く、ミネラル類のことを言っているのだと思います。
 これは、精白した小麦粉よりも全粒粉の方が良く、白米よりも玄米の方が良いと述べられていたのと同様の主張ですね。(1101)
 「食品はできるだけ自然のままが良い」というのは現代でも盛んに言われていることです。そういう意味では、ガンディーは時代を先取りしていたとも考えられます。
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント