• もっと見る
«5月定例学問会の報告(2)ライブラリー委員と議会モニター。 | Main | 第242回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(6)時宗と禅宗。»
ゴーシャラの立地と広さ。 [2024年05月21日(Tue)]
(1095)
 このようなゴーシャラは、都市の中心部あるいはその周辺の1、2エーカーの土地に作られるのではなく、いくらか離れているが行き来のしやすい場所に作られるべきであり、その広さは50〜100エーカーは必要です。
 それは、営利事業としてではなく政府に指針に基づいて運営されます。だから、利潤を上げることもなく、株主への配当もありません。損失を被ることもありません。
 ・・・  

                   

 酪農業についてのガンディーの話の続きです。
 「ゴ―シャラ」というのは、インドに昔からある牛の保護施設のことです。
 このゴ―シャラの立地・広さ・運営について詳しくガンディーは述べています。
 都市からある程度離れた所に作るのは、十分な広さを確保するためでしょう。そして、遠過ぎない方が良いのは、都市に牛乳や履き物を供給するためだと思われます。(1094)
 エーカーは、面積の単位です。1エーカーは、約4047平方メートル、約1210坪だそうです。相当な広さが必要だということですね。
 運営に関しては、非営利の自立経営を目指すべきだという考えが示されています。
 そして・・・
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント