• もっと見る
«4月定例学問会の報告(2)町民参加の推進。 | Main | しもかわ読書会3月例会の報告(11)医者の原点、政治家の原点。»
太陽系の中心に太陽があるように・・・。 [2024年04月24日(Wed)]
(1068)
 村が太陽系だとすれば、その中心にある太陽はカディです。ほかの産業は、その周りを回っている惑星です。惑星は、太陽から熱とエネルギーを受け取り、その返礼として太陽を支えます。
 カディがなければ、ほかの産業も発展していくことができないのです。
 ・・・
            (「ハリジャン」1939年12月30日)



 これも、村の産業についてのガンディーの論説です。
 ここでは、村を太陽系にたとえています。カディ(手紡ぎ・手織りの綿布)こそが、その中心にある太陽なのだそうです。このように、彼はカディを大変重視しています。(1000)そして、村で行われる他の産業は、太陽の周囲を回る惑星のようなものだと述べるのです。
 太陽系のすべての惑星が太陽のお蔭で存在できているように、村の諸産業もカディがなければ成り立ちえない。このようにガンディーは確信しているのです。
 しかし・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント