• もっと見る
«村の産業が消え去れば、村は滅びてしまう。 | Main | 機械化は善にも悪にもなる。»
第242回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)北条時宗 [2024年04月18日(Thu)]
 昨日は、第242回「楽しく学ぶ歴史ゼミ」を開催しました。
 前回はフビライ=ハンについて学びました。フビライと言えば、元寇です。なので、今回は日本の側から見た元寇について考えたいと思います。その時の執権は、有名な北条時宗ですね。

●北条時宗は、鎌倉幕府の第8代執権。
●この頃は、北条氏の本家(得宗)が執権を世襲する体制が確立していた。
●だから、時宗は幼少の頃から将来の執権の地位が約束されていた。
●学習漫画では、武芸に励む少年・時宗の姿が描かれている。
●そこに、一人のお坊さんがやって来る。
●「父上!」と言って駆け寄る少年。
●北条時宗の父は、お坊さんだったのか?

 ・・・
                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント