• もっと見る
«たとえ品質が劣っていたとしても、村の製品を買うべきだ。 | Main | 都市生活への幻想。»
3月定例学問会の報告(12)介護職の待遇改善とやりがいのある職場づくり。 [2024年04月13日(Sat)]
 3月定例学問会の報告の最終回です。
 
●介護職は、地域社会にとって不可欠の仕事ではないか。
●介護職の賃金水準はあまりにも低過ぎる。
●人手不足と労働条件の悪化。
●福祉施設の経営も非常に厳しい。
●本当は、国が何らかの対応を取るべきなのだが・・・。
●下川町で、民間で、独自の取り組みができないか?
 


 「下川わわわ大学」の4月定例学問会は、明日、4月14日です。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント