• もっと見る
«社会主義者たちの批判に対する説得力のある返答。 | Main | 第240回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)分断され、闘争を繰り返していたモンゴルの諸部族。»
2月定例学問会の報告(1)国際協力について。 [2024年02月26日(Mon)]
 昨日は、モレーナで2月定例学問会を開催しました。
 
●国際協力に興味を持ち、国際協力の仕事をしたいと思った。
●外国に行って、自分に何ができるのか?
●教えることよりも、教えられることが多い。
●尊敬すべき、中村哲さん。
●外国に行ってできること、日本にいてできること。
●グローバルなビジョンや問題意識を持ち、地域で実践する。

 そして・・・

                (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント