• もっと見る
«第240回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)契丹族の遼から、女真族の金へ。 | Main | 第1回NPO法人設立ゼミの報告(3)非営利とは何なのか?»
大きく発展したカディ運動。 [2024年02月22日(Thu)]
(1005)
 私たちのカディ運動は、とても小さなものとして始まりました。当初の私の協力者は、私と生死を共にする者として選ばれたMaganlalbhaiその他の人々、それからVitthalalbhaiと何人かの女性がいただけでした。
 それ以来、私たちは長い歩みを続けてきました。そして今では、約2千万の人々がチャルカを回すようになっています。そのお蔭で、村の人たちがたくさんのお金を手にすることができるようになりました。
 ・・・


 
 カディ運動の始まりを振り返るガンディーの文章です。
 カディというのはインドの伝統的な手紡ぎ・手織りの布のことです。このカディをすべての国民が自分で作るようにしようとガンディーは呼び掛け、非常に大きな社会運動を展開したのです。(961)しかし、この運動も最初はとても小規模な活動として始まったようですね。
 "Maganlalbhai"や"Vitthalalbhai"は、このガンディーの活動の同志あるいは協力者の名前だと思いますが、詳細については分かりませんでした。読み方も分からないので、アルファベットの表記のままにしておきました。
 それから、彼は続けて・・・
  
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント