• もっと見る
«第223回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)藤原信頼・源義朝と、藤原信西・平清盛。 | Main | 8月定例学問会の報告(7)論破では合意形成はできない。»
知識人の社会的使命。 [2022年09月13日(Tue)]
(487)
 バガヴァッドギーターの中にある一節を意訳すれば、「大衆は知識人階級の後に従う」というようなことが書いてあります。
 まずは、その社会集団の中で道理に通じた人々がスワデシの誓願を立てるべきです。たとえ暫くの間は相当の不便を強いられることになったとしてもです。もしも彼らがそのようにしてスワデシの信奉者になるならば、その社会に存在する悪を解消することも容易にできるはずです。
 ・・・
                   


 経済のスワデシに関するガンディーの意見の続きです。
 バガヴァッドギーターは、ヒンドゥー教の聖典です。その中の一節を引用して、ガンディーは知識人階級の社会的な役割・使命を説くのです。つまり、知識人階級に属する人々がまず率先してスワデシの原則を自らの生活の中で実践せよ」ということです。
 もちろん、そのためには(465)で述べられていたような課題が克服されている必要があるのは言うまでもありません。
 そして、さらにガンディーは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント