• もっと見る
«しもかわ読書会8月例会の報告(3)死者の霊は、確かに実在する! | Main | 第223回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)保元の乱が終わって・・・。»
独立した国になるためには自給が必要である。 [2022年09月07日(Wed)]
(481)
 インドが自分自身のために生きていくことは可能です。そのためには、この国が必要とするすべてのものを国内で生産することができるようになり、そして実際にそうするだけで良いのです。
 ・・・
 


 経済のスワデシに関するガンディーの意見の続きです。
 「インドが生きているのはランカシャーのためではない。インドは自分自身のために生きられるようにならなければならない(480)」と述べた後、彼はこう続けます。要するに、自給経済です。
 この場合の自給とは、国単位ではなく村単位の自給です。外国からの経済的侵略を受けなくても、国内において経済的な搾取や独占や格差の拡大が生まれるような構造が出来てしまってはいけないからです。(250)
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント