• もっと見る
«8月定例学問会の報告(5)昔の学生運動とマルクス主義。 | Main | インドは、ランカシャーのために生きているのではない。»
第222回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(10)親を殺し、弟や妹たちを殺した源義朝。 [2022年09月06日(Tue)]
 8月24日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●藤原頼長は敗走し、父親にも見捨てられて死んでしまう。
●平清盛の叔父、忠正は死刑になる。
●それで、源義朝も父親の為義を殺さなければならなくなった。
●父を殺すのは儒教の徳目に反する。中国では考えられないこと。
●為義の子どもたちも、幼少の者も含めて殺された。
●ただ、為朝だけは見つからず、かなり後になって八丈島に流された。

 そして・・・

                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント