• もっと見る
«今週の予定 | Main | 8月定例学問会の報告(5)昔の学生運動とマルクス主義。»
輸入大国が自給可能な国であるはずがない。 [2022年09月05日(Mon)]
(479)
 しかし、実におかしな話ではありませんか。イングランドが自給可能な国だなんてことはあり得ません。その何よりの証拠と思われるのは、この国が世界屈指の輸入大国であるという事実です。
 ・・・
 


 経済のスワデシに関するガンディーの意見の続きです。
 「イングランドは、自給可能な国となった(478)」という主張は、ある経済学の論文の中に書かれていたもののようです。
 しかし、これに対してガンディーは全面否定の考えを表明しています。そして、その根拠として「イングランドが世界最大の輸入国の一つだから」という事実を示すのです。
 つまり、「自国が優位性を持つ産業を盛んにしてその製品を外国に売り、それで得た資金で海外製品を輸入すれば良い」というような考えに彼ははっきりと異議を唱えるのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント