• もっと見る
«イングランドは、自給可能な国となった。 | Main | 今週の予定»
第222回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(9)源為朝の大奮闘 [2022年09月05日(Mon)]
 8月24日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●源為朝は弓を使って大奮戦したが、結局は負けてしまう。
●1本の矢で、1人の胸板を貫き、1人の鎧に突き刺さる。
●これを見た平家の武士たちは大いに驚き、恐れをなす。
●平清盛は、為朝との戦いを避けて別の方面に向かう。
●平清盛は、臆病者(あるいは、冷静で慎重で合理的な人)として描かれている。
●たった半日で決着がついてしまった保元の乱。
●戦った武士の数も多くはなかったらしい。
 
 そして・・・
                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント