• もっと見る
«ランカシャーはインドから手を引け。 | Main | スワデシとは、外国製品排斥運動ではない。»
第222回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(7)専門家の意見を聞かずに・・・ [2022年09月03日(Sat)]
 8月24日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●父が罰せられたので、為朝は京都に帰って来た。
●そこで起こったのが、保元の乱。
●左大臣の藤原頼長は、為朝に戦略を尋ねた。
●「敵を滅ぼすには夜討ちに勝るものはない」と為朝は答えた。
●しかし、頼長は、夜討ちなどは身分の低い者があることだと却下。
●礼儀や作法を用いて戦いに勝った試しはない。

 そして・・・

                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント