• もっと見る
«しもかわ読書会7月例会の報告(8)褒めてもらうことは、ニーズではない。 | Main | 今週の予定»
支配者と言っても、すべてを支配していたわけではない。 [2022年08月14日(Sun)]
(457)
 王や支配者は、インドで生まれた者であることもあれば、外国人であることもありました。しかし、いずれにしても、彼らが直接インドの民衆と関わり合うことはほとんどありませんでした。彼らがしたのは、ただ税金を徴収することだけでした。
 ・・・
 


 「インドは共和制の国だった。だからこそ、滅びずに存続してきたのだ」とガンディーは言いました。(456)
 しかし、普通の理解では、この文章が書かれた時点では決してインドは共和国になっているとは言えません。この当時、この国は「インド帝国」でした。インド皇帝はイギリス王であり、実質的にはイギリスの植民地でした。その前は、「ムガル帝国」でした。(初代皇帝バーブルは中央アジア出身)それ以前も、広大な国土を治める王朝があったり、各地に割拠する地方政権があったりしましたが、いずれにしてもその政治体制は君主制であったと考えられます。
 これらの事実を決してガンディーが無視しているわけではありません。ただ、これらの政治権力は決して村々に直接及ぶものではなかったということです。
 では、ムガル帝国や、もっと昔のデリー=スルタン朝や、さらに昔のヴァルダナ朝やマウリヤ朝は、一体どのようにインドを支配していたのでしょうか?
 ガンディーによれば、「彼らにできたのはただ、税金を徴収することだけだった」ということになるのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント