• もっと見る
«スワデシ精神と政治。 | Main | 共和制の国だったからこそ、滅びずに存続できた国。»
第221回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)源義家の息子、義親。 [2022年08月13日(Sat)]
 8月3日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●東北地方の戦乱を通じて東国に勢力を伸ばした源義家。
●しかし、その息子の義親が西国で反乱を起こした。
●対馬守に任じられたが、朝廷に従わず大宰府から訴えられる。
●捕まえに行った人も、義親の味方になってしまう。
●この辺の真相は、朝廷の側からの記録ではよく分からない。
●義親は隠岐に流されることになったが、出雲で反乱を起こす。

 そして・・・

                 (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント