• もっと見る
«7月定例学問会の報告(9)どうして、だんだん忙しくなるのか? | Main | 第221回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(4)源義家の息子、義親。»
スワデシ精神と政治。 [2022年08月12日(Fri)]
(455)
 さらに、スワデシ精神を実行するとすれば、私は昔からインドにある在来の政治制度に従います。
 私が注目しているのは、村のパンチャーヤットです。
 ・・・


 
 スワデシ精神についてのガンディーの話の続きです。
 「宗教のスワデシ(449)」の次は、「政治の領域におけるスワデシ」です。つまり、「政治的な制度や統治法も、決して欧米型の近代政治システムを導入するのではなく、インド在来のやり方を守っていく」ということです。
 パンチャーヤットというのは、インドの伝統的な村の自治機関です。(221)などで、これまでに何度も言及されていました。これを見ると、彼は決して昔からのやり方を無批判にそのまま踏襲すべきと言っているのではありません。
 それどころか・・・

トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント