• もっと見る
«本質的・根本的な貧困問題の解決のために・・・。 | Main | しもかわ読書会6月例会の報告(10)絶対平和主義。»
7月定例学問会の報告(5)歴史になるには時間がかかる。 [2022年07月23日(Sat)]
 10日の定例学問会の報告の続きです。
 
●生身の人間を客観的に評価するということは非常に難しい。
●政治的な都合や経済的な利害も絡むだろう。
●同時代からの見方と、歴史としての見方。
●歴史として純粋に評価するには、やはりそれなりの時間が必要。
●政治家が亡くなった直後は、もはや同時代に生きる人物でもないし・・・。
●歴史的な存在になっているともまだ言えない。

 それから・・・
                (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント