CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«難しいというのは、やろうとしないことを正当化しない。 | Main | 信託と言っても、それはフィクションに過ぎないのではないか。»
6月定例学問会の報告(7)労働力不要社会とベーシックインカム [2022年07月05日(Tue)]
 6月19日の定例学問会の報告の続きです。
 
●かつての学校は、資本家が儲けるために働く労働者を養成した。
●今は、資本家が儲けるために労働者を雇う必要はあまりない。
●すべての学校生徒を有能な労働者に育てる必要はない。一部でいい。
●大部分の人たちは、たくさん消費をしてくれればいい。
●働かないと、消費するためのお金も得られないが・・・。
●最近、生存権保障とは違う観点から主張されているように見えるベーシックインカム。

 そして・・・
                (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント