CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月定例学問会の報告(4)人を騙すのがうまい人は・・・。 | Main | 第218回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(1)朱子学は、中学校の教科書にも出て来ますが・・・。»
社会主義の理論とガンディーの理論。 [2022年06月29日(Wed)]
(409)
 この国で、大地主や政治的支配者たちが所有している資産をどうすべきかについて社会主義の理論に基づく意見が主張されたことがありました。
 その時、私は前のような自説をはっきりと述べたのです。
 ・・・
 


 「仮にたくさんのお金が手に入ったとしても、手にしたお金のすべてが自分のものになるのではない(407)」という話の続きです。
 これは、「一般国民の所得水準を超えた収入はすべて共同体の財産とせよ」というかなりラディカルな主張です。しかし、決してガンディーは社会主義者でも共産主義者でもありません。この箇所では、社会主義の理論とは異なる考えという位置付けを自らの意見に与えています。
 (288)で名言されていたように、ガンディーは暴力革命を支持しないのはもちろん、国家権力が執行する強制力によって富裕層から財産を取り上げることにも賛成しないのです。そうではなくて、多くの所得や資産を持っている人たちがあくまでも彼ら自身の自発的な意志によって余分なお金を社会のために提供することを求めているのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント