CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第217回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(13)二元論にとらわれない。 | Main | 自分の取るべき金額を越えたお金は、社会のために使われるべきお金となる。»
6月定例学問会の報告(3)日本人は、人前で話すのが下手なのか? [2022年06月28日(Tue)]
 19日の定例学問会の報告の続きです。
 
●日本人は人前で話すのが下手、だからプレゼン技術を高めなければならない・・・と言われるが。
●日本人、と言うより東洋人は、伝統的に演説の上手さを高く評価してこなかった。
●巧言令色鮮し仁。
●上手か下手かと言うより、価値観や感覚の違い。
●昔は、ペラペラ喋るセールスマンが売る商品はそれほど売れなかったのではないか。
●特に、高額な商品はプレゼンの上手さで買うわけではない。
●政治家の能力も、演説の上手さはそれほど重要視されなかったと思われる。

 それから・・・
                (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント