CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«6月定例学問会の報告(2)学校教育は大きく変化しているが、それは子どものためではない。 | Main | 第217回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(12)自分が悟ればそれで終わりではない。»
理想に向かって努力する義務。 [2022年06月26日(Sun)]
(406)
 インドの社会がこの目標を達成することは永遠にできないかもしれません。しかし、それでも我々はそれを目指して進み続けなければなりません。それは、すべてのインド人に課せられた義務なのです。
 
            (「ハリジャン」1947年3月16日)


 
 「所得の平等」に関するガンディーの意見の続きです。
 この目標とは、「どんな仕事をする人であっても、同じ賃金を得る(405)」ようになるという社会状態のことです。
 「国内の、あるいは国際間の貧富の差をなくそう」とか、「あらゆる差別や、偏見や、対立をなくそう」とか、「戦争を廃絶し、軍備を撤廃し、平和な世界を実現しよう」などと言うと、ほとんど必ず、「そんなことは無理だ。不可能だ。できないに決まっている」というような否定的な反応をする人がいます。
 もちろん、それは不可能かもしれません。しかし、仮に不可能であったとしても、それをやろうとしないことの理由にはならないでしょう。たとえ理想に到達することはできなくても、可能な限りそれに近付く努力はしなければならない。そうすることは、人間としての義務なのだ。このようにガンディーは言うのです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント