CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«権利と義務、権利とそれを守るための方策。 | Main | 権利を得るための義務、権利を守るための対抗手段。»
しもかわ読書会12月例会の報告(15)寛容でなければならないという不寛容な主張。 [2022年01月25日(Tue)]
 「しもかわ読書会」12月例会の報告の続きです。
  
 ●一方、リベラルと思われる人々は本当にリベラルか?
 ●自分と違った考えの人たちに対して寛容とはあまり思えない。
 ●「寛容であれ」という主張さえも、しばしば不寛容になされる。
 ●少数派が多数派に従属・同調しなければならないというのは自由主義じゃない。
 ●選挙というものを、どう考えるか?
 ●「勝つか負けるか、どこが勝ったか?」だけが問われるのではないはず。

 それから・・・
                       (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント