CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«12月定例学問会の報告(4)12月25日がクリスマスだとは、聖書に書いてない。 | Main | しもかわ読書会12月例会の報告(7)気候危機について語ると、キモいと言われる。»
最新コメント
最新記事
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
ゴミのない道、共同の井戸。 [2021年12月29日(Wed)]
(232)
 村人たちの行き来する大通りも小道も、可能な限りゴミの無い状態が保たれます。
 また、村には必要に応じて井戸が設けられます。誰もが分け隔てなく使える、共同の井戸です。
 ・・・

 

 理想的な村についてのガンディーの記述の続きです。
 インドの村にとっての最優先課題は、衛生状態の改善であると彼は考えているようです。(230)では「十分な採光と換気」について述べられていましたが、ここでは「ゴミ問題」と「安全な水の確保」が挙げられています。
 水を確保するための手段は、主に井戸が想定されています。近代的な上下水道の設備について言及されていないのは、決して彼がそれを知らなかったからでも技術面や財政面で実現困難と考えたからでもありません。すべてのものは、(特に生活に不可欠なものであればあるほど、)地域内自給を基本としなければならない(212)と彼が考えているからです。
 そして、さらに続けてガンディーは・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント