CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会12月例会の報告(6)考えない権利、人の意見を聞かない権利。 | Main | 12月定例学問会の報告(4)12月25日がクリスマスだとは、聖書に書いてない。»
それぞれの家で野菜を育て、家畜を飼う。 [2021年12月28日(Tue)]
(231)
 村人たちの小屋には中庭があり、そこは家族の食べる野菜を育てるための畑、そして家畜を飼うための場所にもなります。
 ・・・



 理想的な村についてのガンディーの記述の続きです。
 村人たちの住む小屋には、中庭がなければならないと彼は言っています。「庭のない立派な邸宅」でも「便利で快適な近代的集合住宅」でもなく、「庭のある小屋」が最も望ましい住居なのです。
 それはもちろん、自立的な暮らしのために庭というものが必要だからです。そこで、人々は自分たちの食べる野菜を育て、またいろいろなものを提供してくれる家畜を飼えと彼は述べています。つまり、各家庭においても基本的には自給を目指すということです。
 今までは、主として「村の自給」について語られていました(213)が、その基盤にあるのは家族単位の自給生産なのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント