CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«第208回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(3)清原一族。 | Main | 11月定例学問会の報告(6)歴史から学ぶ寛容文化。»
村に君主がいてはいけない。 [2021年12月08日(Wed)]
村の自治
(212)
 村の自治について、私の考えを述べてみたいと思います。
 まず、そこには君主がいてはならず、完全な共和政治が行われていなければなりません。
 また、生存に不可欠な物資については他に依存せず、自給自足を実現していなければなりません。しかし、それ以外の物資に関しては、必要であれば相互に依存し合っていても良いでしょう。
 ・・・



 ここから、「村の自治」についての話になります。
 ここでガンディーは、「村は、完全にリパブリック(republic)でなければならない」と言っています。リパブリックとは、共和政体、つまり君主を置かない政体のことです。これは、自治についての彼の考え(14)からすれば当然のことでしょう。
 また、これも繰り返し述べられていることですが、「村は、基本的には自給自足でなければならない」と彼は言います。ガンディーにとって、「自治」「自立」「自給」は決して切り離せない本質的に同一の事柄なのです。
 そして・・・
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント