CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11月定例学問会の報告(2)福祉国家をつくるには・・・。 | Main | しもかわ読書会11月例会の報告(4)奇跡のリンゴ»
最新コメント
最新記事
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新トラックバック
お勉強 (05/11)
搾取は、暴力によって組織化されている。 [2021年12月01日(Wed)]
(205)
 村への搾取は、それ自体が暴力によって組織化されています。
 もしも我々が非暴力によって自治が打ち建てられることを望むなら、是非とも村に対して正当な位置付けが与えられるようにしなければなりません。

                     (「ハリジャン」1940年1月20日)                    


 
 「村への搾取」というのは、都市を通じて、または都市によって行われている村からの資源・富・労働力などの収奪あるいは不当・不均等な移動のことです。
 この時代のインドはイギリスによる植民地支配を受けていたので、究極的な搾取者はイギリス人です。しかし、インドの都市住民も村からの搾取に加担しているとガンディーは告発しています。(163)では、「イギリス人はインドを食い物にしていますが、それはインドの都市を通じてです。そしてまた、インドの都市は直接的にもインドの村を食い物にしているのです」と言っていましたね。
 この搾取の構造の背後には「暴力」があるとガンディーは指摘しています。この場合の暴力とは、軍事力や警察力、あるいは身体的な刑罰を含む政治権力だけを指すのではなく、あらゆる形態の暴力のことを言っているのだと思います。
 そして、さらに・・・
 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント