CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«11月臨時学問会の報告(12)少子化問題について | Main | 村への奉仕なくして、インドの自治の実現はない。»
第207回楽しく学ぶ歴史ゼミの報告(8)支配者の狡猾なテクニック。 [2021年11月27日(Sat)]
 3日の楽しく学ぶ歴史ゼミの報告の続きです。
 
●再開された戦闘では、安倍氏の側が優勢だった。
●支配者・侵略者が用いる方法は、昔も今もあまり変わらない。
●敵を分断し、敵同士を戦わせる。
●安倍氏の周辺にいる俘囚(蝦夷)を離反させようとする。
●安倍頼時は、説得に向かった途中で殺されてしまう。
●しかし、息子の貞任らはなおも抗戦を続ける。
 
 そして・・・
                  (つづく)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント