CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«しもかわ読書会9月例会の報告(11)総員玉砕せよ。 | Main | しもかわ読書会9月例会の報告(12)日本の戦争»
戦争は、村ではなく都市によって引き起こされる。 [2021年10月16日(Sat)]
(161)
 世界中で起こされている戦争に対して、責任を負うべきなのは一体誰でしょうか?
 それは、都市に住む人たちです。決して村に住む人たちではありません。

               (「Gleaning」1948年)



 これも、都市と村についてのガンディーの論説です。
 「世界中で引き起こされるすべての戦争に対して責任を負うべきなのは村ではなく都市である」と彼は言っています。これはつまり、「現代の戦争の真の原因は決して民族間の抗争や宗教対立ではなく、また単なる領土拡張欲でもなく、産業主義だ」ということでしょう。要するに、大企業が儲けを拡大するための手段として戦争が利用されているのだということが指摘されているのだと思います。
 産業主義は、近代文明の流れから必然的に生まれて来るものだとガンディーは考えています。都市化も、同じです。だから彼は、現代文明を「都市の文明」と呼び、「産業化と大規模生産は、二度の世界大戦を引き起こした(148)」というふうに都市文明から戦争が生み出される構造的な問題を鋭く批判するのです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント