CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« その他 | Main
出雲WSレポート@「みる・きく・かかわる」 [2011年12月08日(Thu)]

体のコミュニケーションのワークショップ
「みる・きく・かかわる」−@
〜コミュニケーションについて、自分のからだで感じたり考えてみたりしませんか?〜


2011,11,18(金) 
出雲市社会福祉会館にて

対象:出雲市内の福祉施設職員など
主催:出雲市社会福祉協議会

ナビ:細見佳代・山田珠実

昼13:00−16:00、 夜18:00−21;00

(夜の部のレポート)

導入(18:00〜18:20)
 細見・山田の 自己紹介
 参加者それぞれに自己紹介
  生まれた日、名前、チャームポイントひとつを言う

自身の身体に目を向ける(18:30〜19:05)(肩こり対策、腰痛予防)
  腕の骨格の説明
  筋膜の説明 
  肩甲骨周り筋膜を緩めるトリートメント
  トリートメントによる変化の確認
  2人でペアになって相手の骨を探り、骨格触覚で理解する
  大腰筋エクササイズ(腰もち歩き、椅子に座って足を動かす)


パートナーに意識を向ける(19:05〜19:20)
  Aが目を瞑り、Bの手に触れる 触角で相手の手の見る。
  その手の持ち主はどんな人物か想像する
  2つの質問について想像する(好きな食べ物、何人兄弟の何番目か)
  Aが目を開け、答えを確認して、役割交代   
  終わったら意見交換
                
        
手触りの記憶(19:20〜19:45) 
〜今まで触ってきた印象的な手触りを持つ物についての記憶を手繰る〜
   細見、山田それぞれその場で簡単に絵を描き、
   それぞれ絵の内容、ものにまつわる記憶を披露 
   画用紙に皆に描いてもらう 
   2人一組で、それぞれ相手に、描いた物について語る
   輪になり全員で、それぞれの記憶、ストーリーを共有

<休憩>

音の記憶(19:55〜20:25)
〜かつて聞いた懐かしい音についての記憶を手繰る

    山田の音の記憶について、場面を再現
    少し離れて階段を下りる母の足取りの音を山田が表現)
    その場面が、どんな場面か、なんの、どんな音かを解説、記憶を語る
    それぞれ、記憶を手繰ってもらい、二人一組で相手に語る
    それぞれのグループが2人のどちらか(あるいは両方)の音の記憶について、
    その場面を身体を使って再現
     再現した後、何の音か解説

<小休止>

    これまでの活動、事例をプロジェクターで紹介(20:25〜20:55)

    ディサービス〜(音の記憶、手触りの記憶) 
    わたしの道〜WS編、<みる・きく・かかわる>
    わたしの道〜記憶の場所編、<大山崎とわたし>
    わたしの道〜人生のアルバム編、<大山崎円明寺会館> 
    金茶会(物の記憶)、<大山崎町、おもあいでの茶会>
    金茶会〜出前編、<大山崎>
    ざっと写真を映しながら、内容を解説
      質問の受付、できる範囲での回答

振り返り(20:55〜20:10)
    それぞれの参加者がWSを体験して感じたこと等コメントしてもらい共有



〈ナビゲーター二人の感想〉

   はじめから参加者に「吸収しよう!」という意欲がすごく感じられた。
  課長さんが「楽しんで参加して下さい」と皆に言ってくれていたのがよかった。
  名札付けの時、「ポニョ」とか、自ら楽しもうと言う乗りがあった

  関節の説明では、「おーー!へーーー!」とか
  「考えもしなかった」という反応とか、様々に大きなリアクションがあった。
  真剣にやるからボディーワークもやったあとはすごく変化があった
  実感のもとに動くことが出来たのではないかと思う。 
  筋膜の説明(筋膜をゆるめる理由)など、解剖学的な理解が出来た上でなので
  自分の体の変化への気づきが大きかったようだ。

  「概念理解」がベースにあったので、学ぶ感覚や姿勢がラストまで持続した。
  そういう雰囲気の場になっていた。
  最後まで、そういうコンセプトに対するセンスを感じた。

  絵を描いた時などは、工夫してかいておられた。
  クローズアップとか、すもうの構図とか工夫していたし、
  クイズを当てようと言う雰囲気だった。
  場面発表など音を立てる時、素材を探していたり工夫があった。

  頭も体も同時に使って吸収しようとした。
  最後の事例紹介も自らの体験のあとで紹介が出来たので、
  人と向き合う、根本的なことをそれぞれが考えてくれたという印象がある。

  「五感を開いて記憶をたどる」それを体験してくれたし、
  持ち帰ってもらえたのではないか、と思う。 

  今回の研修会は、介護のうわべの技術を習うのではなく、
  コミュニケーションの根本をやるのだということが、
  参加者にはじめから理解されていたと感じた。
  事前に、そういうことが主催者側から伝わっていたと思いました。
  
  みなさんに暖かく、ゆったりと迎えられ、
  出雲はお年寄りが大事にされている土地ではないか・・・    
  と感じた。

   
  




写真提供:出雲市社協
 

出雲市社協の皆さま、参加者の皆さま

ありがとうございました!

また、よろしくお願いいたします。

出雲WSレポートA「みる・きく・かかわる」 [2011年12月08日(Thu)]

2011,11,18(金)

コミュニケーションWS
「みる・きく・かかわる」

参加者は、昼と夜で合計21名でした。

参加者の皆さんのアンケートより


楽しく、あっという間に時間が過ぎました。
手を触りあったり、思い出の品物から話がふくらむなど、
これからの仕事のヒントになりました。
(30代女性、デイサービス)



五感を使うことの大切さを再発見させられ、とても勉強になりました。
(40代女性)



ヒントをもらえました。
日々の生活に役立てたい。
(50代女性、小規模多機能)



老若男女、人間として感じること(五感)の共通性、共有性を再認識した。
(40代女性、デイサービス)



自己解放する感じで、気持ちいいとか楽しいとかがいいなぁ。
気づけばいい研修だった!
明日もやるぞーとかになれる研修あるかな。
(40代女性、事務職)



3時間は長いと思っていましたが、あっという間でした。
お二人の雰囲気がよく、このような良い研修となったと思います。
今後の業務の中に取り入れ、一人ひとりを大事にと、改めて意識していきたいです。
(30代女性、養護老人ホーム)



ボディワーク、とても良かったです。
(40代女性、訪問入浴)











11/18、出雲市にて、福祉施設スタッフ向け研修会 ご案内 [2011年11月12日(Sat)]

「みる・きく・かかわる」
〜コミュニケーションについて、自分のからだで感じたり考えてみたりしませんか?〜

→終了しました。出雲市社協の皆さま、
 参加していただいた皆さまありがとうございました!

日時 : 平成23年11月18日(金)
     1回目 13:00〜16:00(受付開始12:30)
     2回目 18:00〜21:00(受付開始17:30)
     ※1回目と2回目は同じ内容です。
会 場 : 出雲市社会福祉センター (出雲市今市町543)
対象 : 出雲市内の福祉施設職員
定 員 : 各30人 (応募多数の場合は抽選)
講 師 : 細見佳代氏(俳優・演出家)、山田珠実氏(振付家・ダンサー)
参加費 : 1,000円
内 容 : 体を使ったコミュニケーションワークショップ
       ふりかえり、意見交換
携行品 : ヨガマットまたはバスタオル2枚
申込方法 :@施設名A申込者名B申込者の連絡先電話番号とFAX番号
      C参加希望者名を明記してFAX、電子メールで11月14日(月)までに
      出雲市社会福祉協議会にお申し込みください。
      なお、電話での申込みも受け付けます

問い合せ先 :〒693-0001 出雲市今市町543
      出雲市社会福祉協議会(担当:岡並)
      п@0853−23−3781  Fax 0853−20−7733
       E-mail:fukushi@izumoshakyo.jp(@を小文字に)

      出雲市社会福祉協議会サイトの情報→こちら

  ※福祉現場で働く職員のコミュニケーション力を高め、
    福祉サービスの質の向上に資することを目的に開催されます。

主 催 : 出雲市社会福祉協議会
協力 : Dance&People/「わたしの道」プロジェクト

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2008年に京都で一回目を実施した
介護者を主対象とした「みる・きく・かかわる」が出雲市で行われます!
市内在住で関心ある方は、是非、この機会に
ご参加ください。
特に、高齢者のケアに関わっている方にとっては、
いろいろ興味深いことがあるかもしれません。
この研修会でのポイントは、相手ではなく、
自分のからだに向き合うことから・・・ということでしょうか。
介護や介助の現場では、施設・在宅を問わず、
なんらかの「問題」の原因が「相手にある」とされることが多いと思いませんか?
しかし、少し視点を変えてみると、自分自身がどうなのか?
ということが、おきざりにされていることがあると思います。
バーンアウトや、高い離職率は、働く条件の問題も大きいですが、
支援者と言われる「わたくし」そのものの身体のありように
大事なことがあると考え、今まで、介護者に対象を特化したワークショップを行ってきました。

「辛い・苦しい・暗い・・・」という
マイナスなイメージがかなり多い?かもしれない、福祉現場のイメージが
転換するかもしれない・・・

「介護現場はアートの宝庫!?」
・・・そんなイメージをもって人に、場所に臨めたら
楽しいことやおもしろいがウハウハ待ってるようになるかも、かも。

「みる・きく・かかわる」
「わたしの道」プロジェクトの過去のレポート →こちら