CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 新聞等の掲載記事 | Main | みる・きく・かかわる»
6/17講演「記憶の宝箱を開けてみよう~回想法の実践と演劇表現の可能性〜」杉山準、細見佳代 [2014年06月18日(Wed)]


2014,6,17(火)13:30〜15:30
京都SKYシニア大学
会場:京都新聞文化ホール

会場は、60〜70名くらいのシニア世代でいっぱいでした。


前半・・・(NPO劇研 理事・事務局長)杉山準さんによる
・アトリエ劇研シニア劇団(京都2クラス、高槻2クラス)と左京西部いきいき市民活動センターでの活動紹介。
高齢者との交流プロジェクト「思い出のアルバム展示会」(いきセン)の紹介の中、
アルバム展示会の説明では、戦前、京都開拓団の一員として満洲に行かれ残留された、
後に永住帰国された方の
「壮絶な」人生の来歴が記されたアルバム本が紹介され、
会場の空気が少し変わった気がした。
・北名古屋市の回想法センター(行政が行っている)での地域回想法の紹介。

後半・・・細見佳代さん(俳優・演出家。龍谷大学非常勤講師)による
1・アトリエ劇研付属シニア劇団星組の活動紹介。
第一回目の舞台と出演者インタビュー等の映像(KBSテレビ放映分)や
シニア世代のパワーの理由(残された人生の時間への明確な意識,しがらみのない仲間の存在)
や、メンバー同士のぶつかり合い(この年になってまで人に合わせなくない)と数年を経た他者理解や相手との適度な距離の取り方、
運命共同体(多くの苦労を共にしていく内に関係性が変わっていく、演劇の特質)についてなど。

2・北名古屋市回想法センターとイギリス回想法センターの紹介
回想劇「あの頃の思い出」(回想法シンポジウム2010)の映像
・・・高齢者(いきいき隊)と小中学生大学生など50名が参加した舞台
(イギリスの回想法センターのバーニー氏が、「背景には子供をどう育てていくか」があると
講評の中で話していた。)
若い世代は、異世代交流の場面を作ることにより、はじめてシニアの時代を体感できる。
役を演じることが、異なる時代を生きる=交流する、ことになる。
3・シニア世代の表現活動
「高齢者の身体には宝物が詰まっている。演劇は宝箱を開けるための大きな力をもっており、
その宝が次世代に受け継がれていくよう、今後も工夫を続けていきたい」

見学・メモ(ごしま)





Posted by Dance&People at 02:32 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「わたしの来た道、そして今」 〜メッセージと写真展〜 [2011年10月16日(Sun)]

10/15〜10/31まで
左京西部いきいき市民活動センターで実施中!

『わたしの来た道、そして今』 
      〜メッセージと写真展〜


この地に暮らすお年寄りやこの地に集ういろいろな世代の方々が、
これまでの歩みをふり返り、未来への想いを語りました。
信念・誇り・知恵・希望・・・・・。
たくましく生きる一人一人の「今」をご覧ください。


と き:10月15日(土)〜10月31日(月)
    開館時間中展示
ところ:左京西部いきいき市民活動センター 入場無料
お気軽にお立ち寄り下さい。










オープニングの日、見に来て下さった参加者の皆さんと茶話会。
参加者には展示と同内容の小さな写真とメッセージと聞き手のお礼を
お渡しした。


[企画について]
左京西部いきいき市民活動センターは地域の方々、
特に高齢者との交流を活性化し、
それによって地域の中での支え合いを
生みたいと思っています。
そこでまずは交流のきっかけとして、
高齢者の方を中心にインタビューを試みました。
インタビューを受けて頂いた方には人生の肯定的な振り返りを、
インタビュアーである次世代には、これからの時代を生きるヒントを
得てもらうことを目指しました。
多くの方からお伺いした貴重なお話を短くまとめ
本人の肖像写真とあわせて展示することで、
異世代間の会話や交流が生まれることを期待しています。




●お問い合わせ●
左京西部いきいき市民活動センター
〒606-8201 京都市左京区田中玄京町 149
(京阪「出町柳」駅より徒歩7分、養正保育園2階)
TEL:075-791-1836 / FAX:075-712-0138
URL:http://gekken.net/SW_IKIIKI/
〈 開 館 日 〉 月曜〜土曜日:10 時〜21 時
      日曜日:10 時〜17 時
〈 休 館 日 〉 火曜日・年末年始
〈アクセス〉京阪「出町柳」駅より徒歩 7 分


主催 特定非営利活動法人 劇研/
左京西部いきいき市民活動センター
共催 「わたしの道」プロジェクト
写真協力 草本利枝
展示協力 佐々木しゅう
インタビュアー 細見佳代・山田珠実・五島智子・豊島由香・広田ゆうみ

京都府 地域力再生プロジェクト支援事業




  
 
Posted by Dance&People at 08:09 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「驚きの介護民俗学」!!!とは [2011年06月19日(Sun)]


知人から聞いていた

「介護民俗学」なるもの

民俗学者であり、現在、高齢者デイサービスの職員として

日々お年寄りと向き合う六車由美さんが実践されてることです。

サイト→ http://muguyumi.a.la9.jp/index.html


確かに、介護現場は、

本当は、日々驚きの「民俗学の宝庫」なのだと思います。

いつか、ご一緒にお仕事させていただきたいです。


Posted by Dance&People at 11:25 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
地域回想法/北名古屋市の取り組み [2011年06月19日(Sun)]

地域回想法というものがある。

わたしの道プロジェクトのナビゲーターの細見佳代が

愛知県北名古屋市の「回想法センター」に、今までにワークショップをやったり、

劇の演出で関わってきている。

とにかく、お年寄りが「回想法」で元気なんだそうです。

自分たちの町は回想法の町なんだ!という自覚がすごくて、

全国からの見学者も絶えないそうです。

行政がこういうことを先駆的に取り組んでるのは、全国でもまだここだけ?

だと思います。認知症予防、健康維持など、さまざまな目的にかなっているようです。

こちら→

http://www.city.kitanagoya.lg.jp/kaisouhou/
Posted by Dance&People at 10:41 | その他 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)